ヘルス | ラブホテルで熟女系デリヘルを堪能せよ

ヘルス

壁から顔をだす女性

ヘルスとは、ファッションヘルスの略称です。ファッションヘルスから派生して出現したサービスであるデリヘルやホテヘルも含むことがあり、これらの業種をまとめてヘルス業やヘルスサービスと呼ぶことがあります。
ヘルスサービスが登場した当初は店舗型のファッションヘルスが中心でしたが、1985年の風営法改正後には徐々に無店舗型のデリヘルやホテヘルが増加し始め、現在では無店舗型サービスが店舗型サービスを上回る状態となっています。
本番以外のあらゆる性的なサービスを受けられるのがヘルスの特徴です。店舗型、無店舗型いずれの場合においてもシャワー設備がある場でサービスを行うことがほとんどで、シャワーがない場合にはおしぼりやウェットティッシュなどで清拭をした上でサービスが開始されます。
男性客はまず女性従業員と共にシャワーを浴び、体を洗ってもらいます。その後はキスやペッティング、フェラチオなどのサービスを受けることができます。男性客は女性従業員の体に触れたり舐めたりすることが許されており、別途オプションによってプレイの幅を広げることができるようになります。
ソープランドは、風俗の店舗型の1種で、お店の個室の中でサービスを受けます。 特殊浴場や、個室サウナなどと呼ばれることもあります。 また、風俗の王様とも言われています。 風俗の王様と言われる理由には、その他のお店に比べて至れり尽くせりのサービスを受けることが出来るとされているからです。
平成25年の警察白書によると、平成24年には全国に1200店舗以上あるとされています。
ソープは特殊浴場という名の通り、基本的にはお風呂でサービスを受けることが出来ます。 スケベ椅子やマットなど道具を使用したプレイを受けることが出来るのは、ソープの醍醐味です。 一度で様々なサービスを受けることが出来るので、非常に人気が高いです。
ソープの利用料金は、基本的に入浴料とサービス料が必要になります。 なぜ、入浴料が必要なのかというと、浴場として営業しているからです。 お店によっては、入浴料とサービス料を総額で提示しているところもあります。 お店によって提示方法が異なるので、利用をする際には事前にお店に確認を取る必要があります。



このエントリーをはてなブックマークに追加